同棲するということ

私はとてもかたい家庭に育ってきました。

とても丁寧に育てられたし、そのような価値観が身についていました。

お付き合いをするということに関しても、節度のあるお付き合いをと思っていました。

どのような相手が自分に合うかもわかりませんでしたが、

付き合うって、同棲をするって、結婚をするって…

一つ一つ断片的に、ワードを思い浮かべると、ただ定義だけ浮かんできていました。

付き合うとは、相手を知ること。

同棲とは、結婚前に一緒に住むということは、私としてはありえないこと。

結婚とは、相手と結婚して子供を生むこと。

理想というよりも、それはそういうものだという親からの価値観で捉えていました。

一本化されていませんでした。

しかし私は、とんでもない恋愛を重ねてきました。

たくさん彼女がいるという彼を好きになったり、私の友達が付き合っていた彼に告白されて付き合うことになったり、一つ一つ真剣でしたが、あまりいい始まりではないし、幸せな恋愛でもありませんでした。

その体験を通じて、私は本当に私がのぞむ幸せを手に入れられる相手と付き合って、必要ならば同棲をしてお互いの中を深めて、お互いがお互いとして必要な結婚生活を送りたい、そう思うようになりました。

もう、断片的だった単語が一本化したのです。

なので、今は彼と同棲をしています。